こんにちは!みなさまはドライビングシューズと普通の靴のとの違いをご存じでしょうか?基本的には靴底のかかとの部分が、足の後ろ側まで回り込んでいる靴のタイプになります。

運転している時の状況をイメージしてみましょう。ヒールの高い靴での運転はかかとが不安定になり危険ですね。ヒールのない靴、もしくは低いヒールの靴をお選びになる事が多いと思います。さらに足首の角度を考えると納得されると思いますが、右足のかかとの先部分を支点としてペダルを踏む動作となります。

したがってこの部分の傷みが大きくなるのもドライビングシューズによくある症状です。もちろん、運転専用というわけではなく日常使いにも活躍するドライビングシューズ。歩く時の快適さも気になるポイントですね。

今回ご紹介する修理はドライビングシューズとなります。

修理前のドライビングシューズ

ドライビングシューズ

摩り減りと割れが確認できますね。オリジナルは踵のゴムが足の後ろ側まで伸びてましたが、修理では再現出来ない為、当て革で代用しました。

修理後のドライビングシューズ

ドライビングシューズ

靴底のグリップ力が改善されると運転時の安全にも繋がりますね。

ビフォーアフター

ドライビングシューズ

運転時だけでなく、歩行時の快適性もアップした事と思います。
気になる後ろ側も綺麗になって見た目も良くなりました。

修理を終えたドライビングシューズ。
遠出が出来る頃になったら、早速ドライブに出かけたくなりますね。

ドライビングシューズ修理の参考

型取り前底ゴム交換 2.500円(税込2.750円)~
型取り踵ゴム交換  3.000円(税込3.300円)~
両踵当て革     3.700円(税込4.070円)~ 
         ※税抜価格
お預かり期間 2週間~4週間


今回ご紹介した修理は夢工房八幡山店で承りました。
〒168-0074 
東京都杉並区上高井戸1-1-11 京王リトナード八幡山1階
電話 03-3290-9142
営業時間 10:00~19:00


他の店舗への持ち込み依頼は、お近くの夢工房店舗にご相談ください。
郵送による修理依頼は、こちら簡易見積もり欄をクリックしてください。
修理価格は、同様の修理でも品物の状態により異なります。持ち込み依頼の場合は、上記店舗での見積もり、郵送依頼の場合は、写真添付見積もり依頼→簡易見積もり→品物送付→本見積 の手順となります。