こんにちは!新しい靴を買った時って、つい履いて出かけたくなりますね。
ですが、ちょっとお待ちください。大切な靴ほど新しいうちにハーフソールを施す事でメリットが大きくなりますよ。
今回ご紹介するのはMartinMargiela(マルタン・マルジェラ)ハーフソールとなります。

MartinMargiela(マルタン・マルジェラ)について

ベルギー出身のファッションデザイナー、マルタン・マルジェラによって1988年フランスで誕生したブランド。自身の名前をブランド名につけております。
斬新な発想で話題となったのがTabi(足袋)ブーツ。日本の足袋からヒントを得たこのシューズの長所は、デザイン性だけではなく、足が前に滑りにくく安定感があるとのこと。コレクターの心をひきつける魅力もある一足です。

2008年にマルタン・マルジェラは引退します。現在はイギリスのファッションデザイナーであるジョン・ガリアーノがMaison Margiela(メゾン マルジェラ)として引き継いでます。

今回リペアしたTabi(足袋)シューズ

MartinMargiela

つま先部分が足袋のデザインで特徴的ですね。

MartinMargiela

新品の段階で革底を保護すると摩耗しにくくなり、より長もちします。
さらに滑りにくくなりますので、より安定感のある履き心地になります。

MartinMargiela

イタリアのソール専門メーカーVibram(ビブラム)ソールを使いました。
もともと登山靴のソール作りからはじまったメーカーだけあって、高い耐久性と高性能である面において定評があります。
今回、足袋シューズの形にあわせてデザインカットさせていただきました。

ハーフソールの参考

Vibramハーフソール2.000円 + デザインカット1.000円 
合計3.000円(税抜価格)


今回ご紹介した修理は夢工房ランドマーク店で承りました。
 〒220-8105
神奈川県横浜市西区 みなとみらい2-2-1 
横浜ランドマークプラザ4階
電話 045-670-7475
営業時間 11:00~20:00


他の店舗への持ち込み依頼は、お近くの夢工房店舗にご相談ください。
郵送による修理依頼は、こちら簡易見積もり欄をクリックしてください。
修理価格は、同様の修理でも品物の状態により異なります。持ち込み依頼の場合は、上記店舗での見積もり、郵送依頼の場合は、写真添付見積もり依頼→簡易見積もり→品物送付→本見積 の手順となります。