こんにちは!梅雨の季節は雨が多くて湿度も高く、なんだかスッキリしませんね。
太陽の季節、夏が待ち遠しい日々であります。

夏の足元の主役といえば「サンダル」
皆さまお持ちのサンダルの具合はいかがでしょうか?
サンダルは素足に履くものですので、長時間の歩行の際に足裏への負担がかかりやすいケースが多いです。そこで靴底の補強をしておくことで足裏への負担を軽減することが可能です。

今回はHERMESのサンダルの修理事例をご紹介します。

HERMES サンダル革底
こちらのHERMESのサンダルは更に革底かつ薄い靴底となっております。
革製の場合は滑りやすく歩行時の注意が必要です。
更に靴底が薄いサンダルは特に足が痛くなりやすいのが辛い所ですね。

HERMES サンダル革底

今回はVibram(ビブラム)ソールで補強させていただきました。
イタリアのVibram社は靴底(ソール)を専門とするメーカーでなんと創業80年を超えています。優れた機能性とデザイン性を兼ね揃えたソールを生産しており、長い間多くの信頼を得ているメーカーです。

HERMES サンダル革底
しっかり補強された靴底でありながら、HERMESのデザインを損ねないソールですね。
梅雨があける前にサンダルの準備をして夏の到来を待ってみてはいかがでしょうか?

参考

HERMES サンダル革底 ハーフソール補強 ¥2,300(税抜価格)
作業時間40分
※同じお品でも価格やお預かり期間が異なる場合がございます。
自分のサンダルはどうかなぁ?そう思われた方はメールからでも簡易見積もりが可能です。お気軽にご相談ください。