こんにちは!華奢なデザインの持ち手のバッグはおしゃれですが、細さ故に耐久性にやや不安があるのも事実。今回はGUESSのデザイン性の高いトートバッグの修理を紹介します。

ご存じの方が多いGUESSは1981年アメリカ発のファッションブランドです。1980年代の日本にブームを巻き起こしましたが日本から一度撤退してしまいます。ですがその後再上陸して再び注目を浴びてきていますね。ちょっと目の離せないブランドです。

気になる持ち手の修理ですが、貼り合わせた革同士が離れてきてしまっているようです。
この箇所はコバ修理という方法で対応していきます。

コバ修理とは

まず「コバ」を漢字で書くと「木端」と書きます。革を裁断している部分になります。裁断された部分が木の切れ端に見えるから「コバ」と呼ぶのでしょう。
耐久性の弱い部分ではありますが、染料を塗る、磨くといった作業を繰り返す「コバ塗り」で強度と見た目をよくしていきます。

Guess コバ修理

 

参考

3.000円~(税抜価格)
※修理する長さや状態によって価格は異なります。