こんにちは!緊急事態宣言解除となり、リモートワークから通常出社スタイルに戻った方も多くおられると思います。久しぶりに使おうと思い取り出したバッグ、よくよく見たらある部分が壊れかけてたり、不具合が見つかったケースもあったのでは?

今回は吉田カバン「PORTER」ビジネスバックの修理をご紹介します。
「一針入魂」の精神にもとづき一貫した国内生産で作るこだわりの鞄「吉田カバン」
裁断から仕上げまですべて国内で行うメーカーは今や貴重な存在!ビジネスマンに多く支持されている鞄です。

Before

吉田カバン PORTER

コイルを止めているステッチが切れ、コイルが伸びてしまっています。
お気に入りの鞄が壊れた時は「ああ~~」となってしまいショックですよね(泣)
買い替えはとても・・・ここの場所さえ直れば使えるのに・・・
そんな「こまった」時は夢工房にお任せください!

今回の故障の原因は真鍮スライダーに緑青(ろくしょう)いわゆる錆びでした。
通常でも抵抗がかかりやすい鞄のカーブ部分に、より負担がかかったようです。

After

吉田カバン PORTER

元の持ち手を移植して完成です。これでファスナー操作がスムーズになり
再び使用できるようになりましたね!!

これから梅雨の季節。湿気は鞄の大敵です。
ファスナー部分に緑青(ろくしょう)を発生させないためにも、
湿気を残さない様、日頃のメンテナンスを心がける事をお勧めします。

参考

今回の場合7.000円(税抜価格)となりました。
お預かり期間はおよそ1カ月かかりましたが、こちらも修理箇所の状態によっては
異なります。