リモワ RIMOWA

1898年創業のドイツのメーカー リモワ

スーツケースの代名詞的存在でもあります。

現代では主流となったポリカーボネイト製のスーツケースを初めて作るなど注目のメーカーです。

アフターサービスも行き届いており5年保証を適応するなど、手厚い保証が為されています。

5年を過ぎたら夢工房へご相談ください。

並行輸入品も同様に純正品パーツで修理対応させていただきます。

パーツの在庫があれば短納期での修理も対応可能です。
東京、神奈川、埼玉、千葉合計11店舗で受け付けております。

遠方のお客様は郵送でも対応できますので、

company@yumekoubounet.comへご連絡ください。

一両日中には簡易見積もりと共にご依頼方法等をご返信いたします。

スーツケース全体と修理箇所のお写真もいただけると助かります。

修理メニュー

キャスター交換

壊れる頻度が一番多いキャスター。

リモワのキャスターは特殊な形状のダブルホイールを使用しています。
夢工房ではリモワ純正品パーツで交換いたします。

〇1か所 6000円~
〇4か所 24000円~

リモワキャスターの修理

根元からキャスターが外れてもキャスター交換で修理できます。

ハンドル交換

中型、大型のスーツケースは荷物重量も大きくなるのでハンドルも壊れやすくなります。
〇ハンドル交換  1か所  10000円~
通常は純正品で修理いたしますが、ハンドルに限り6000円の汎用品がございます。

見た目も耐久性もほぼ変わりませんのでお勧めです。

リモワ ハンドル交換

トップハンドルが破損して取れてしまっています。この状態からでも修理できます。ハンドルとその根元の黒い部分ごと交換いたします。

PUハンドル交換

〇PUハンドル交換  一式  18000~20000円

スーツケースを転がすときに引っ張るハンドル。
伸ばしたままスーツケースを持ち上げたり、体重をかけますと
中のパイプが曲がってしまいますので上下できなくなり
最終的には折れてしまいます。

リモワPUハンドルに不具合が出ましたら
ユニットごとの交換修理となります。
もちろんリモワ純正品です。

TSAロック交換

ロックが壊れた時だけでなく、TSAの付いていない古いタイプは概ね
TSAロックへの交換が可能です。お写真を共にご相談くださいませ。

〇通常ロックからTSAロックへの加工取付  一式  10000~12000円
〇TSAロック交換  1か所  10000~12000円

リモワ ロックの交換

写真はTSAがついていない旧式ですが、TSA対応ロックへ交換いたします。

本体のへこみ&割れ

リモワスーツケースの本体がひび割れてもご相談ください。

ポリカーボネイトのスーツケースはハンドル周りの亀裂が一番多く
力のかかる部分については裏から補強をした上で亀裂修理をしますので
強度を損なわずに直すことができます。

アルミボディのリモワスーツケースは、へこむことで中身を守るように
造られており亀裂はあまり入りません。
ただ強い力が加わりますと割れることもあるようです。
アルミボディはその金属の特性上、表面をきれいに仕上げることはできませんが、
裏から補強をした上で、亀裂部分に接着溶剤を流し込みます。
見た目は修理跡がわかりますが強度には問題なくお使いになれます。

アルミボディの大きなへこみは叩き出しにて修理しますので、
表面が白濁します。また新品のような平らな表面には戻りません。
凸凹は残りますがそこにステッカーなどを貼ることで、
旅慣れた感じも伺える自分だけのお鞄になります。

〇本体割れ修理 8000円~
〇へこみ修理 8000円~

そちらの修理も場所と大きさによりお値段が変わりますので
ご相談ください。

内装の剥がれの再接着

古いお鞄では長年のご使用で内装が本体から剥がれてしまいます。
再接着という安価な方法がありますのでご相談ください。

〇内装再接着  4000円~

その他の修理

キャスターがついていないタイプのリモワバッグ修理や
リモワアタッシュケースの修理も実績があります。
ご希望の内容をご連絡ください。その都度お見積もりさせていただきます。

対応のリモワシリーズ

  • リモワ サルサ SALSA
  • リモワ トパーズ TOPAS
  • リモワ ボサノバ BOSA NOVA
  • リモワ ボレロ BOLERO
  • リモワ パイロット PILOT

* その他のリモワシリーズもお問い合わせください。

その他のブランド、メーカーの修理も
承っています。

お待ちしております。