軽くて丈夫、そして発色が美しいという個性を持ち併せ

使う程に味わいが増して ”エイジング” を楽しむことができるグローブトロッターですが、

通常通りのご使用でも意外と傷が付きやすいのが角パーツです。

今回はパーツ交換ではなく補色をご案内いたします。

グローブトロッターはキャスターの直径が50㎜と比較的小さいため

引っ張りながら使用している際に少しの段差で角パーツが擦れるようです。

それ以外にサイドハンドルで持ち運んでいる際にも色々な傷が付きやすいものです。

角パーツはキャスター近くの2カ所であれば夢工房で交換修理も承っています

しかしオリジナルと見た目が変わってしまったり、他のコーナーパーツとの色味の違いが出たり

こだわりの強い方にはあまりお勧めできません。

今回はパーツの取り換えではなく削れてしまった箇所へ革用の補修材を使用し

肉盛り後に補色という流れで作業いたしました。

調色は人間の手作業のため若干色の変更はありますがコーナーパーツ8ヶ所すべての補色のため

大きな違和感もなく作業することができました。

 

コーナーパーツ補色8ヶ所16000円  納期2週間前後

作業前

作業後

作業前

作業後

作業前

作業後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業前

作業後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業前

作業後

作業前

作業後