世界中の旅好きに人気のスーツケースは、やはりリモワと言う方が多いでしょう。

その機能性・堅牢性には定評があります。

今回は、そのリモワのスーツケースのいろいろな修理事例をまとめてご案内してみます。

修理価格は、一律の表示は難しく、破損具合・使用部品・修理方法などで似たケースでも異なることがありますので、下記事例はあくまで参考価格で、修理受付の場合は、その都度見積もりをいたしております。

サルサ ハンドル受け具破損

汎用品部材使用修理 12,000円(税別)

修理前 ハンドル受け座破損

修理後

トパーズ キャスター部破損

ハウジング2か所 ホイール1ヵ所 純正部品で修理 42,000円(税別)

キャスター(ホイール)部の破損は、受けの部材(ハウジング)の破損を伴うことが多くリモワの場合純正部品での修理になるため、高額の修理になりました。

ハウジング破損

ホイール箇所破損

修理後

サルサエア ボディクリーニング

クリーニング費用 12,000円(別)

ボディの汚れが、全体にひどくついていたためクリーニングをしました。

クリーニング前

クリーニング後

トパーズステルス ホイール交換

スーツケースの修理で一番多いのは、消耗の激しいホイール(キャスター)の修理です。

リモワのホイールは、基本純正部品での修理になります。

今回の修理は、ホイールのみの交換修理で、受け部のハウジングは異常なしでした。

トパーズステル ホイール交換 9,600円(税別)

交換修理前

交換修理後

サルサ 底足取り替え

リモワサルサ 底足取りつけ修理 6,000円(税別)

スーツケースの底部は、地面に接するところで故障の多い場所です。

今回の事例は比較的珍しい底足が取れてしまったケースです。

リモワサルサ 底足欠落修理前

底足取り付け修理後

サルサ ロック交換

スーツケースのロックは、番号が分からなくなって、無理やりこじ開けるなどしての交換修理が多いです。