○傘骨

歴史を紐解くと、傘の親骨は鯨骨が19世紀中頃まで使用されていました。それをスチール製の骨へ変えるのに一役買ったのが、イギリスのサミュエル•フォックス(Fox Umbrellaの創設者)スチール製の骨は修理という観点からもとても優れています。
傘の骨の修理には素材によっていろいろな方法があります

●カーボン骨:近年非常に増えてきている素材。曲がり強度もありますが、一度折れますと補強がしにくく、傘骨の交換になるケースが非常に多いです。

●スチール骨:今までは一般的であった一番スタンダードな傘骨です。スチールなのでやはり重いですが、強度やメインテナンスのしやすさは一番です。錆に気をつければ何年も、ものによっては何十年も使用できます。補強や交換にて修理可能です。

●アルミ骨:折りたたみ式の傘など軽量にする必要があるものに良く使われています。非常に軽量ですが、強度に難点があります。

●プラスチック骨:軽いですが折れやすくまた修理がしづらい素材です。骨の交換などによって修理します。