非常事態宣言が解除されました。
海外旅行はまだ無理でも国内旅行のプランはお済みですか?

忘れてならない、旅行前のチェック

スーツケースを使用したのはいつですか?
前回は問題なかったから、来月の旅行でも問題ないだろうと考えてはいませんか?
もしこの前の旅行が6か月以上前なら注意が必要です。
スーツケースのキャスター部分は長く使用していないと、
劣化してしまいます。外見では分からないことも多いので、
心配だったらスーツケース修理専門店に持ち込みチェックしてもらいましょう。

各パーツのチェック
キャスターがゴロゴロ鳴っていませんか?
実際にPUハンドル等をもって地面を転がしてみましょう。
大きい音が鳴ってるようだと、写真のゴム部分が剥離している可能性があります。

次にハンドルの確認です。
PUハンドルと呼ばれる引っ張り出すタイプのハンドルは
壊れやすいパーツの一つです。実際に引き出してみてください。
スムーズに引き出せ、パイプ部分のブレ等がなければ問題なしです。

ファスナー、スライダーの状態を確認しましょう。
引っ張って占める小さいパーツをスライダーと呼びます。
スライダーを素早く引っ張りファスナーを閉めたり、開けたりしてみてください。
ファスナーが閉まらなかったり、自然と開いたりしてしまったら
スライダーの不調が考えられます。
ファスナー交換もしくはスライダー交換で修理が可能です。