傘は使用後の乾燥不足と保管場所の湿気によりカビが生えてしまうことが多々あります。

今月導入した画期的なクリーニング機械により、カビの落ち具合をご覧ください。

 

クリーニング前:生地表面に灰色がかったカビが水玉模様のように点々とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カビ落としクリーニング後 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは傘生地を骨組みから外し一般的な汚れを洗い流し、

その後 専用機械によるカビ取りクリーニング作業に入ります。

 

カビ落とし作業前、通常クリーニング終了後 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カビ落としクリーニング後 ↓

 

 

表面に艶も出ています。

クリーニング後は、生地を一針一針手作業で丁寧に骨組みへ縫い付けます。

最後に撥水加工で完了です。

通常クリーニング(撥水加工込)は 2500円~

カビ落としクリーニングは2000円追加となります。