TUMIビジネスバック 持ち手修理事例

修理前 (2)

修理前 手元が擦り切れている状態。

Exif_JPEG_PICTURE

修理後 擦り切れた手元を新しいものと交換修理。

ビジネスバックは、持ち手に負荷がかかり、

汗などにもより修理前写真のようになっての修理依頼が多いです。

持ち手の取り付け方法により修理の手間がかかり、

価格が変わりますが、このタイプはベルト部と別れているため

比較的修理しやすいタイプです。

TUMIビジネスバック持ち手修理価格 6,300円

メンテナンスをしていただければ、まだまだ長く使えますね。

他の店舗への持ち込み依頼は、お近くの夢工房店舗にご相談ください。
郵送による修理依頼は、こちら簡易見積もり欄をクリックしてください。
修理価格は、同様の修理でも品物の状態により異なります。持ち込み依頼の場合は、上記店舗での見積もり、郵送依頼の場合は、写真添付見積もり依頼→簡易見積もり→品物送付→本見積 の手順となります。