靴修理・バッグ修理の夢工房

靴修理の部材について

靴修理に使用する部品材料について

靴の修理はどこに出しても同じではありません。
安価でロークオリティーの材料を使っている修理
店舗も実際に皆無ではありません。

靴修理にはどういった材料を使っているので
しょうか?弊社で使用している部材(修理で
使用する材料)を例にとって案内します。

 

ピンリフトの部材

修理のご依頼がおそらく一番多いピンリフトで
使用している部材についてです。

ピンリフトを製造しているメーカーは日本
海外と実はいろいろとあります。弊社で使用して
いるのはトピー社のカサーリリフトです。

トピー社はフランスの靴修理用品を専門的扱って
いる会社です。実に80年以上にわたって靴修理
用品を製造してきました。

トピー社が製造するカサーリリフトの特徴は
いくつかあります。

  1. 耐摩耗性が高い
  2. 肉厚
  3. きれいな仕上がり

安価なピンリフトは材料も質があまりよくない
ものが多く、減るのがとても早いです。
カサーリリフトの素材は硬質ウレタンで純度
の高いものを使用しています。耐摩耗性が
高く安心のピンリフトになっています。

市場で一般的なピンヒールは5㎜厚ですが
カサーリリフトは6㎜と肉厚なため5㎜厚のもの
に比べて減るのが遅く、長持ちします。

またピンリフトを取り付ける際にはリフトの
外周を靴に合わせて削ります。カサーリリフト
の仕上がりはとてもきれいですので、靴オリジナルの
デザインを損なうことがありません。

ルブタンやマノロに使われているリフトも実は
カサーリリフトです。

メンズリフト

次に男性のビジネスシューズやローファーを修理
する際に使う紳士リフトについて案内します。

紳士リフト使用しているのはビブラム社(VIBRAM)の
アリエルリフトとサンライズリフトになります。

なぜ2種類あるかというと紳士リフトには7㎜のものと
10㎜のものがあるからです。スコッチグレイン(ヒロカワ)
や一部のバーバリー革靴には10㎜タイプのものが
多いです。

ビブラム社は様々なソールを作っていることで有名です。
ダナーブーツのソールもビブラム製となっています。

アリエルリフト、サンライズリフトともに耐摩耗性が高く
滑りにくい仕様になっています。またソールにビブラム
のロゴがつくのも特徴です。

ハーフソール

ハーフソールは半張りとも呼ばれます。靴のソール
前部が減ってきたり、滑りやすかったりする際に
付けるのがハーフソールです。

ハーフソールは靴部材の中でも実にバリエーション
に富んでいます。

弊社仕様のハーフソールはビブラム製のものに
なります。こちらものソール全面にビブラムの小さい
ロゴが入ります。

 

 

靴修理・バッグ修理等のお問い合わせはこちらへ TEL 047-382-6320 10:00~18:00(年中無休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Proudly powered by Yumekoubou Ltd.