ダナーブーツをご存じですか?

アウトドアー愛好家だけでなく、ストリート
でも人気のあるダナー1932年に創業した
アメリカのブーツメーカーです。

実に80年以上にわたって堅実かつ実用的
なブーツをプロデュース、生産しています。

その高い技術力から最も理想的なブーツ
という称号を得ています。

最も有名な商品ラインはダナーライトと
マウンテンライトです。

  • ダナーライト Danner Light

ダナーライトはゴアテックスを搭載した世界初
のブーツです。またアウトソールは黄色いロゴ
が特徴的なビブラム社(Vibram)のソールを
使用しています。

  • マウンテンライト Mountain Light

名前から想像できるように長い間登山家たち
愛用されてきたモデルです。全体的に丸みを
帯びたアッパー、プレーントゥ、アッパーサイド
のダナーロゴなど実に完成されたデザインと
なっています。

どういった修理が可能なのか?

さてダナーはどういった修理が可能なので
しょうか?

一般的に知られている修理メニューはソール
の全体的な交換(オールソール)などがあります。

実はダナーブーツの修理には様々なタイプ
があります。簡単なリストは下記になります。

  • かかとのみの交換
  • かかとの斜め補修
  • ブーツクリーニング
  • ブーツ染色&補色
  • オールソール
  • ブーツカスタム
  • アッパーの補修
  • ストレッチ(サイズ調整)
  • リソール

それでは一つ一つの修理について見て
いきましょう。

かかとのみの交換

ダナー サービスシューズ(Danner Service Shoes)
などの商品ラインはヒールが交換可能なセパレート
タイプになっています。

こういったタイプのブーツはヒールのみやリフトのみ
の交換が可能です。毎回のオールソールが不要
なので修理料金もだいぶお安く修理が可能です。

かかとの斜め補修

スニーカータイプのダナーやダナー スラッシャー
(Slusher)などはこちらの修理がおすすめです。

スラシャーはヒール部分が一体式になっています。
オールソールやヒールのみの交換が簡単に
出来ないようになっています。

かかとの斜め補修はかかと部分を斜めに補修
することで、すり減ったかかとを購入時と同程度
に復元することが可能です。

ブーツクリーニング

登山やアウトドアで使用する場合はブーツの
クリーニングは欠かせません。

ダナーブーツのクリーニングをお勧めするのには
理由があります。ブーツは汚れがたまってくると
購入当時の防水性が保たれずいろいろな機能が
落ちてきます。

またアッパーの革の健康に取っても汚れは大敵
です。

登山やハイキングのあと、またシーズンのあとなど
ダナーブーツのクリーニングを検討しましょう。

 アッパーの染色

ダナーブーツのアッパーが傷ついてしまったり
革の色が褪せてしまった場合は染色が有効です。

一部の商品を除いてダナーブーツのアッパー
は本革を使用しています。つまり革の補色・染色
をすることによって購入時のきれいな状態に復元
が可能です。

オールソール

オールソールとは靴底の全体的な交換修理の
事です。一般的にブーツ修理というとこのオール
ソールを思い浮かべる人が多いのではないの
でしょうか?

ダナーのソールはほとんどのものでビブラム製の
ソールを使用しています。ですので張り替える際
にも同じソールでの交換が可能です。

ブーツカスタム

やや話は脱線しますがダナーブーツはカスタム
も可能です。一般的なのはアウトソールやミッド
ソールのカスタムです。

ソールの色を変えてみたり、またソールのタイプを
変えてみたりといろいろと遊びが可能です。

アッパーの補修

ソールを修理するというのはブーツの愛好家の
中でも浸透してきましたが、アッパーの補修が
できるというのはまだまだ知らない方が多いです。

長く履いているとアッパーのステッチが解れて
きたり、革の部分に破れてくることがあります。

そういった場合も安心ください。修理は可能です。
リステッチや近い色での革補修など、時間は
かかりますが補修できます。

ストレッチ

日本人は多少ブーツがきつかったり、ゆるかったり
しても無理をして履き続けてしまうことが多いのでは
ないでしょうか?

足の健康を考えるとブーツのフィッティングは
とても重要な要素です。きついのに無理をして
履くことはお勧めできません。

こういった場合の対処方法がストレッチ(革靴の伸ばし)
です。革のブーツは時間をかければ伸ばすことが
できます。1㎝や2㎝スモールサイズですとストレッチでは
解決は難しいですが、1㎝以内のサイズ違いでしたら
緩和が可能です。

リソール

最近のシリーズのダナー モックなどスニーカー
タイプのダナーにお勧めの修理です。

リソールはソールが減ってしまう前に新しい
ソールを一枚先張りしてしまいます。

オリジナルのソールがまっさらな状態で残ります
ので靴の寿命が飛躍的に伸びるのでお勧めです。

またリソールできるカラバリも8種類ほどから選べるの
でイメージを変えずに修理が可能です。

ダナーの修理料金の相場は?

修理を出す前に料金の相場を知っておくことで
修理料金を節約できます。

メーカー修理と一般のブーツ修理業者の料金を
比較してみました。

オールソール

  • メーカー修理 13000円~
  • 一般修理業者A 9500円~
  • 弊社 1万円~

ブーツクリーニング

  • メーカー修理 不明*
  • 一般修理業者A 3000円~
  • 弊社 2500円~

*HPに記載なし。電話にて問い合せたところ
ブーツによって料金が変動になるとのこと。
商品を預けてからでないと料金が出ません。
(2016年9月現在)

オールソールやクリーニングに関しては
どの業者に頼んでも料金の大幅な違いは
なさそうです。

メーカー修理の利点としてはABCマートにて
修理依頼ができる点と間違いなくダナー純正
パーツにて修理が出来る点となります。

一般のブーツ修理業者依頼の場合の利点は
下記になります。

  1. 納期が比較的早い
  2. オールソール料金が2000円ほど安い
  3. メーカー修理でできない種類も対応可能

ダナーブーツの修理について参考になったでしょうか?
修理についてまだ解決出来ない悩みがありましたら
メールの無料見積もりをご利用ください。