傘や傘修理にかんするよくある質問をまとめてみました。
修理に出す際や、傘について知りたい時に参照ください。

Q:日本製の傘は壊れにくいのですか?
A:はい。やはり骨から日本製の傘はやはり壊れにくくまたメインテナンスもしやすいです。しかしながら骨から日本製
傘を作るメーカーは非常に少なく、近年では稀になっています。

Q:セリーヌやバーバリーなどのブランド傘は丈夫ですか?
A:製造された時期やブランドによって差がありますが、高価な傘はそれなりに丈夫です。
セリーヌやバーバリーなどのメーカーの傘はほとんどがライセンス生産となっています。なので作っている年代によって製造メーカーが異なり、作りもまた違います。例えばセリーヌは現在ムーンバット(株)が制作しています。現在のセリーヌ傘はカーボン骨でジョイントの部分に樹脂を使用しています。ジョイントの部分が比較的壊れやすいですが、それ以外は難点はないので丈夫といってもいいのではないでしょうか。

Q:外国製の傘を使っているのですが、さしていて雨漏りがします。
A:ヨーロッパ製の傘布地は日本のものと縫製の仕方が異なり、生地と生地の縫製があまいものがあり、その隙間から雨漏りすることがあります。また防水加工も日本ほどしっかりしていない傘が多いです。この違いはおそらく日本ほど雨が降る頻度と密度が高くないところから来ているのではないかと思います。撥水加工(1080円)をすることで防水性能をもとに戻すことができますので、お勧めです。

Q:長傘の中心の棒が折れてしまっています。修理は可能でしょうか?
A:ほとんどの傘が修理可能です。「中棒」と呼ばれている部分で、交換できます。弊社では中棒一本から加工して作っていますので、ほとんどのご依頼に対応できます。ただビーチパラソルやゴルフ用のパラソルなどの大型のものに関しては修理が困難なものもありますので、その都度ご相談ください。

Q:傘の修理を自分でやりたいのですが、何かいい方法はありますか?
A:簡単な骨の修理なら傘骨補強セットが手に入りますので、やってみることをお勧めします。アマゾンのサイトや東急ハンズなどで購入可能です。工具等も付いてくるセットもあるようなので、器用な方は比較的安価に修理が可能だと思います。ただ注意が必要なのは骨がカーボンやプラスチックの傘はそちらの修理キットですと修理が困難か不可能ですので、そういった際には弊社のネットで修理をご利用ください。

Q:メーカーや販売店で修理を断られたのですが、そういった傘も修理できますか?
A:弊社の返品率(修理が不可能で返品した率)は1%以下です。特殊な修理は時間がかかるかもしれませんが、出来るだけ対応させていただきます。

Q:傘のカスタマイズなどは行っていますか?
A:可能な限り対応させていただきます。例えば手元だけデザインを変えたい。中棒(傘の中心の棒)の色や太さを変えたい。着物で傘を作りたいなどのご要望にも可能な限り対応させていただきます。

Q:近隣に傘修理のお店がないのですが、郵送で修理をしてもらえますか?
A:はい、郵送で修理可能です。下記の住所に発送ください。お見積もりをメールもしくは電話にて連絡されていただきます。
〒271-0091 千葉県松戸市本町1295
夢工房 ネット事業部
TEL:047-382-6320

傘修理料金表

傘修理の料金表はこちらから